ブラックペアン

嵐の二宮和也さん主演の医療系日曜ドラマ・ブラックペアン

二宮さん演じる渡海先生のキャラがとても独特で面白いですよね。

基本的に「邪魔」とか「どけ」とかネガティブな事しか言わないですからね。笑

 

ブラックペアンでは手術方法が佐伯式やスナイプ手術など、人の手と器具とどちらが優れているかといったテーマも多く描かれていますが、第5話ではついに医療用のロボットまで出てきます。

その名も『ダーウィン』。

今回はそんなブラックペアンの『ダーウィン』についてご紹介していきたいと思います。



Sponsored Link

 

ブラックペアンのダーウィン手術とは?

ドラマ・ブラックペアンの第5話から新たに登場する『ダーウィン』

これは一体どういうものなのか。

簡単にいうと手術支援ロボットです。

なので、完全にロボットだけで手術をするというわけではなく、実際にそのロボットを動かすのは外科医、人の手ということになりますね〜。

普通の手術と違うのは、執刀医は患者さんの横でメスを持つのではなく、手術室に置かれたコックピットのような装置の前で、モニターを見ながら機械を操作して手術を行うという点です。

 

ドラマ内では4話で小春ちゃんがスナイプ手術をしたために新たな問題を抱えてしまい、開胸手術が出来ない状態になりこのダーウィンが登場します。

ブラックペアンのダーウィンは実在する?モデルはダヴィンチ!

ブラックペアンの第5話に登場するダーウィン。

実はこれモデルがあって、実在するんです。

その名も『ダヴィンチ』

めちゃめちゃ名前似てますね笑

 

ドラマ公式ツイッターでも内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」がモデルだと紹介されています。

日本のドラマでは登場が初めてなだけに、医療関係者の間でも話題になっているようですね。

まだ一般的にはあまり知られていないものになりますし、つい最近日本でもダヴィンチの手術が保険適用となったばかりなので注目度は高いと思われます。

費用は病状によりますが、入院費込みで大体200万円〜300万円と言われているようです。

 

医療もどんどん最先端になっていきますね〜。

いずれお医者さんが手術に全く手を出さないみたいな時代も来るかもしれませんね。

 

ドラマではダーウィン(ダヴィンチ)手術が成功するのかどうかも結構見どころですね。

フィクションとはいえ、ブラックペアンでは不安になるような描写も多いので、これからダヴィンチ手術を受ける人に誤解を招くような描写は出来ないだろうな〜と個人的には思います。

なのできっと成功することでしょう。



Sponsored Link

ブラックペアンのダーウィンは下町ロケットにも登場した?

さて、ブラックペアンのダーウィン(ダヴィンチ)ですが、以前に放送されたドラマ『下町ロケット』にも登場していたのではないかと巷で話題になっています。

ですが、これは勘違いですね〜。

 

下町ロケットでは「ガウディ」という心臓手術で使われるものが出てきました。

「ガウディ」は人工弁で、心臓の代わりをするものであって、ブラックペアンで出てくるスナイプやダーウィンとは役割が違います。

スナイプは僧帽弁の手術をする器具ですし、ダーウィンは内視鏡手術支援ロボットです。

結構ごっちゃになっちゃいそうですが、結果として下町ロケットにはダーウィンは登場していないということで間違いないですね。

 

ということで今回はブラックペアンの第5話から登場するダーウィンについて見てきました。

原作と内容が違うとも言われていますし、どういったラストになるのかも楽しみですね!



Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます。

【ブラックペアン】佐伯式心臓手術は実際にある?スナイプは実在する?

趣里の両親や兄弟、本名は?親の七光りではなく演技力がすごい!

竹内涼真の彼女はモデルの里々佳!匂わせ画像&インスタ裏垢がやばい…

竹内涼真の家族構成は父、母、妹、弟!美男美女過ぎると話題に【画像】

コメントを残す