遠藤航

今回のワールドカップでも代表入りし、活躍が期待されているJリーグ・浦和レッズの遠藤航選手。

高校時代には神奈川選抜のキャプテンとして、またU-23日本代表でもキャプテンとして参加しており、責任あるポジションを任される事が多い遠藤航選手なのですが、一方で実力を疑問視する声もあります。

神奈川選抜では優勝、U-23ではリオデジャネイロオリンピック出場を決めるなど、結果をちゃんと出しているはずなのですが・・・。

「本当は下手なんじゃないの?」なんて言われますし、果ては本来サッカーとは直接関係のないタトゥーの話題などで否定的な意見があったりします。

本当のところはどうなのでしょうか?



Sponsored Link

 

遠藤航のポジションはどこ?プレースタイルは?

遠藤航選手のポジションはDFです。

身長178㎝とサッカー選手としては決して高くはないですが、ヘディングが強くセンターバックを務める事が多い選手です。

身長を補うジャンプ力で空中戦でも力強さを発揮しています。

 

サイドバックも出来ますね。ボディーバランスが良くてフィジカルも強いので、大きい外国人選手なんかとも競り負けません。

またU-23ではボランチを務めましたね。

個人的には守備的ポジションならほとんどのポジションがこなせる、そんなイメージを持っています。

 

守備的ポジションといっても、攻撃時にはロングフィードや縦パスを巧みに繰り出してチャンスメイクもします。

遠藤航選手のキックの精度は、PK時のキッカーを任される事でも分かります。

遠藤航に「下手」との声も…何が理由?

まあ日本代表ですから下手という事は有り得ませんけど。

確かに遠藤航選手は試合でコンタクトミスやパスミスなど、失点に繋げてしまうようなイージーミスをする事があります。

そんなところから視野が狭く散らしが下手、カバーリングが上手くないといった評価をされています。

本人もそのことは自覚しているようで、色んなポジションで使われてますがA代表レベルで自信を持ってプレイ出来るポジションは無いと言っています。

言ってみれば器用貧乏というやつですね。

ある程度何でも出来ることで、一つのポジションでの技術をとことん追求する事が出来ずにいるという事でしょう。

 

ただ、今回のワールドカップ代表選考では西野監督が言いましたね。「ポリバレント性の高い選手を求めている」と・・・。

全てにおいて誰にも負けないなんてことは無理でしょう。町内、学校、そんなレベルじゃないですから。日本代表レベルですから。



Sponsored Link

遠藤航にタトゥーの噂…真相は?

確かに遠藤航選手にはタトゥーの噂があるんですよね。

ただ実際にタトゥーの画像あります的な情報はどこにもありません。

そんな噂を扱ったブログなんかでは、同じ浦和レッズの槙野智章選手がタトゥーを入れてるからそんな噂が出たんじゃないかって結論付けてますけど、そんな事ありますかねぇ。

見間違いますか?笑

結局情報が何もないからない、という結論付けをしている人もいますが、私は個人的には遠藤航選手にもタトゥーがあるんじゃないかと思っています。

でもまあタトゥーがあってもいいじゃないですか。

デザイン性の高いタトゥーなら、昔のような怖いイメージでもありませんよね。

周りに迷惑をかけるものでないなら、個人の自由でしょう。

という事で、タトゥーの有無はその真相はわかりませんでした。

 

複数ポジションを担える事が遠藤航選手の特徴で持ち味としながらも、一方でポリバレント性の高い選手であるがゆえに、それぞれのポジションで厳しい意見にさらされている。

それでも代表選出される選手です。

普通に学校にいたらとんでもないって話です(笑)

そんな意地悪言わないで、みんなで応援しましょう!



Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます。

遠藤航はでき婚?可愛い嫁の名前や馴れ初め、子供はいる?【画像】

コメントを残す