松本人志

今回注目するのはお笑い界の大物・ダウンタウンの松っちゃんこと松本人志さん!

今では司会だけでなく映画監督だったり情報番組のコメンテーターだったり、金髪になったり筋肉ムキムキになったり結婚してパパになったり……だいぶ変わられましたよね笑

かなり丸くなった印象の松本さんですが、以前は尖った発言も多くキレキャラなんて言われたりもしていました。

実は意外と共演 NGが多い芸能人なんですよー。

 

ということで今回は、ダウンタウンの松本人志さんと不仲で共演がNGとされているタレントをまとめてご紹介していきたいと思います!



Sponsored Link

 

ダウンタウン松本人志(松っちゃん)と不仲の共演NGタレントまとめ!

タモリ

タモリ

松本人志さんとタモリさんは共演NGだと言われています。

松本さんは自身の著書『遺書』で、『いいとも!』はせっかく芸人がボケているのに、必要以上に観客が騒いでわかりづらくなるのが嫌だから辞めたと語られています。

また、タモリさんが観客とノリノリで合いの手を打った際に、露骨に嫌な顔をすることもたびたびあり、タモリさんもそんな松本さんの態度を察していたようです。

 

実際『いいとも!』降板後、松本さんは「タモリさんはいつも(収録)ギリギリに入る自分のことがあまり好きじゃなかったんじゃないかな」とコメントしていて、少なからず確執はあったと言われています。

ただ『いいとも!』最終回にはちゃんとかけつけていますので、そこまで不仲とは言えないかと思われます。

明石家さんま

明石家さんま

ゲストをいじって笑いにする明石家さんまさんと独自に笑いを創り出す松本人志さんは笑いの芸風が違うため、二人が共演すると番組が成立しないとの理由でNGのようです。

また、さんまさんがラジオにて『人志松本のすべらない話』について「お笑い芸人が『すべらない話』をするのは当たり前」だから、こんな企画で番組が作られたこと自体が信じられないといった批判するような発言をしたことから不仲説もささやかれています。

『いいとも!』最終回のグランドフィナーレでは共演されていますが、実際の現場ではかなり微妙な空気だったそうです。

とんねるず

とんねるず

とんねるずとダウンタウンは特に仲が悪いといったわけではありませんし、本人たちは全く意識していないんですが、周囲のスタッフが気を遣って共演しないようにしているそうです。

以前は西のダウンタウン・東のとんねるずと言われていましたし、芸風が違うことからか勝手に距離が置かれているとのこと。

みのもんた

みのもんた

みのもんたさん側がダウンタウンに対して、完全に共演NGを出しているそうです。

いじめ問題の話題の際に、以下のような発言をされています。

『ぼくはねえ、すごく感じます。これはねえ、ある関西系のお笑いタレントなんですよ。大物ぶって若いタレントの叩いたり蹴ったりするんですよ。それが画面に映るんですよ。それが非常に不愉快だし、やだよって。名前を呼び捨てにしたりでね、ふざけるんじゃないよって怒ったことがあるんですよ。ぼくはその番組絶対出ない!二度とそんな奴らの番組に出ないよ!』

引用:痛いニュース

名前はあげていませんが、これはダウンタウンについての批判で、番組は『ガキ使』だと言われています。

爆笑問題 太田光(おおた ひかり)

太田光

爆笑問題の太田光さんとも共演NGだと言われています。

理由は太田光さんが以前共演した番組で、松本さんの着ていたアディダスのウェアを見て『アディダスの広告塔か』と揶揄したことがきっかけだそう。

これに松本さんは本気で怒りましたが、その場は他のタレントが仲裁に入り、いったんは収まったかにみえました。

しかし数日後、松本さんが取り巻きを連れて太田さんのもとを訪れ、

 

『土下座するか、パイプ椅子で殴られるかどっちや!』

 

とどなり込んだんだとか。

太田さんはその場を収めるために土下座して謝ったそう。

 

これが業界に広まり、テレビ各局では両者を共演させないようにしているそうです。

ナインティナイン

ナインティナイン

松本さんがナイナイの事をあまりよく思っていないらしく、自身の著書『遺書』で『ナイナイは俺たちのパクリ』といった発言をしたことからナイナイの岡村さんが萎縮してしまい、疎遠になってしまったそう。

これを気にした関係者が気を遣って共演NGにしているそうですが、こちらも『いいとも!』のグランドフィナーレで共演しており、現在は特に松本さんの方は気にしていないそうで、そこまで仲は悪くないようです。

水道橋博士(すいどうばしはかせ)

水道橋博士

水道橋博士さんはちょっと他とニュアンスが違って、あまりにもダウンタウンを尊敬しすぎていて逆に共演NGにしているそう。

水道橋博士さんの著書『藝人春秋』で以下のように語っています。

「ボク自身がテレビタレントの端くれとして『ダウンタウンとは共演しない』と決めたのは20代の時だった」
「彼らと同じ時代を同じ場所で過ごせば、ねじ伏せられ、白旗を掲げ、心奪われることは明らかだった」

引用:毒女ニュース

こういったパターンもあるんですね。。。

三又 又三(みまた またぞう)

三又又三

元々松本さんは三又さんのことを『身勝手なクズ芸人』とネタにしながらも、めちゃめちゃ可愛がっていました。

しかし三又さんが松本さんを裏切ったことから、今は完全に絶縁状態になっているそう。

経営していた六本木のバーをたたんだ三又さんは、渋谷区にバーを再オープンさせましたが、またもや資金繰りに苦しむようになり、松本さんに運転資金の名目で1000万円を借りたそう。

 

だが経営難は三又さんの放漫な経営が原因で、店に現金が入るとそれを握りしめて毎晩のように六本木に繰り出していたんだとか。

また、借りたお金や稼いだお金についてもブランドバッグや時計の購入、女遊びに使い果たしてしまい、店は結局すぐに潰れてしまったそう。

これに松本さんは、怒りを通り越して、呆れ果てて絶縁したと言われています。

これは今までの中でも一番笑えないエピソードですね。

森脇 健児(もりわき けんじ)

森脇健児

ダウンタウンは大阪にいる頃から森脇健児さんのことを嫌っていて共演NGなんだそう。

「ガキ使」のクイズ企画で、「面白くない芸人は誰でしょう?」という問題に、松本人志さんを含む回答者が一斉に森脇の名前を挙げたりしているようです。

中山 秀征(なかやま ひでゆき)

中山秀征

ダウンタウンは中山秀征さんについてもあまりよく思っていないようで『ガキ使』でも散々批判しており共演はNGなんだそうです。

理由は中山さんがまだコンビのときに、ダウンタウン潰しを試みたのが原因だそう。

前にラジかるで浜田の話題が出たときにも、中山秀征さんは何にもコメントしなかったそうです。

角田 信朗(かくた のぶあき)

角田信朗

これは最近なので有名かもしれませんね。

角田さんがブログにて『ダウンタウンの松本さんから共演NGにされている』といった発言をしたことから発覚しました。

以前に『ガキ使』の収録を角田さんがドタキャンしたことが確執のきっかけとなったようで、未だに不仲で共演NGだと言われています。

ボクシング・亀田一家

亀田一家

松本さんはボクシングの亀田一家は共演NGなんだそうです。

理由は単純に『敬語が使えないから』とのこと。

ラジオにて以下のような考えで共演NGだったことを明かしています。

「ボクシングが好きなら、今回のようなことにはならない。亀田一家は、ボクシングを愛してないのかも」
「試合前には自分を高ぶらせるために相手を悪く言ったりもする。でも終わったら称え合う。そこが辰吉と違ってダメ」
「番組スタッフに、好きとか嫌いとかじゃなく”亀田くん達とは絡めない”と伝えていた」
「ああいう風にタメ口でこられるのは無理。自分に敬語を使ってくれる人に対して申し訳ない」
「違和感がない会話をしたい。(タメ口で喋られたら)違和感でトークにならない」

引用:NAVERまとめ

ただ現在は特にNGまでではないそうで、亀田興毅さんは現役引退を発表した際にワイドナショーに出演。

タメ口ではなく『ですます調の敬語』で喋り「松本さんから嫌われてると思っていた」といった発言をされています。

ただこれに対して「嫌ってもいないし、この番組に来て横に座ったからといって好きでもない」と笑いながらコメントしており、やはりあんまり好きではないようです。

 

 

ということで今回は、松本人志さんと不仲が噂されている共演NGタレントをまとめていきましたがいかがでしたか?

思いのほか人数がいて意外でしたね〜。

実際完全に共演NGにしている人はこの中でも数名かと思うので、そこまで不仲という不仲ではないみたいでした。

ただ三又又三さんのは完全に笑えませんでしたね・・・苦笑



Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます。

コメントを残す