9月20日(水)21時00分~放送の『じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~』に元オセロの黒い方・中島知子さんが出演されます。

中島知子さんは『じっくり聞いタロウ』の前身番組『くだまき八兵衛』初代MCだったために、今回ゴールデン初進出の同番組のお祝いに急遽サプライズゲストとして出演されることになりました。

番組ではTVから姿を消した2017年現在、どうやって稼いで生活しているのか等を語ってくれるようです。

 

2011年ごろに芸能界からほぼ消えてしまった中島知子さんですが、なぜ消えたか知らない方も結構多いんではないでしょうか。

また、2013年にはオセロを解散してしまいましたが、相方であるオセロの白い方・松嶋尚美さんとは不仲なのでしょうか?気になりますね。

今回はそんな中島知子さんの2017現在の画像や消えた理由松嶋尚美さんとの不仲説について書いていきます。



Sponsored Link

 

中島知子が芸能界から消えた理由は?洗脳騒動は嘘?

本名:中島知子(なかじま ともこ)

生年月日:1971年8月26日生まれ(現在46歳)

出身:京都府京都市

血液型:A型

身長:164cm

所属事務所:なし(フリーランス)

中島知子

中島知子が芸能界から消えた理由

中島知子さんは2011年4月から体調不良を理由に無期限休養をしていました。

そしてそのまましばらく芸能界から消えてしまい復帰できなかったのは、メディアが報じた“洗脳騒動”が大きな理由だと言われています。

 

事の発端は2011年に「2005年ごろから中島さんが占い師に依存し、同居を始めた」と週刊誌などの各種メディアに報道されたことから始まります。

各メディアは「中島知子さんと占い師は最初のうちは恋人との破局や井上陽水との不倫など恋愛を相談する関係だったが、次第に依存していくようになり同居、現在はその占い師に洗脳・マインドコントロールされている」というように報道しました。

 

また、その占い師の指示で自宅マンションに引きこもるようになったため、それ以来私生活で他人との接触が激減したため言動や容姿も変化したとされました。

実際に無期限休養前から激太りしてしまったため、こういった一連の報道が妙に信ぴょう性のある情報になってしまいました。

中島知子

また、無期限休養中に“家賃滞納騒動”というのも起こしてしまった中島知子さん。

同年8月より個人事務所名義のマンションと自宅マンションの家賃(総額660万円)を滞納し、個人事務所に関しては訴訟に発展

裁判に出廷しなかったため中島側が全面敗訴し、個人事務所マンションから連れ出される事態になりました。

自宅マンションからも立ち退き、その家賃分の滞納についても家主で俳優の本木雅弘さん側から訴えられましたが、「中島さんが稼げるようになったら徐々に返してくれればいい」とこちらに関しては提訴を取り下げてもらえました。

 

その後、2012年の年末には芸能活動を復帰するという報道がされたものの、2013年に所属事務所の松竹芸能は復帰の目処が立っていないとコメント。

2013年3月29日放送の『ワイド!スクランブル』で中島知子さんが洗脳騒動以来初のテレビ出演をし、洗脳騒動の真相などを話しましたが、無断でテレビ出演したことなどを遺憾とした所属事務所・松竹芸能は中島さんのマネジメント契約を解除。

それゆえに相方・松嶋尚美さんとのお笑いコンビ“オセロ”も解散、テレビの世界から完全に消えてしまいました。



Sponsored Link

中島知子が洗脳騒動は「全部嘘」だと否定!

2015年10月放送の『ダウンタウンなうSP』に出演した際に週刊誌やメディアの報道は「全て嘘だ」否定されています。

まず、2011年4月からの芸能活動無期限休養の真相は経営方針などから所属事務所と揉めたことが原因だと語っており、また占い師とされる方についても以下のように語っておられます。

「仲が良いと家に来るじゃないですか。そんな感じです。だからしょっちゅう家にいたりとか、そういう感じでいただけなんですよ」と、同居していたわけではないとした上で、「もともと友達で、物を書いてたんです、物書きの人なんです。(中略)占いは3年ぐらいやってましたよ、その子は。だけど、間違えちゃいけないのは、元々占いとかやる人たちって普通にいるんですよ」と、専業の占い師ですらないただの友人と明かした。

引用:Daily News Online

また、井上陽水さんとの不倫疑惑などもきっぱり否定

最初の激太りの際、恋人と破局したのが原因ではないかという当時なされた報道に対して、中島は「破局はしましたけど、この人の場合はぶっちゃけ私から振ったんです」と、交際問題の事実を明かし、さらに井上陽水や松崎しげるとの関係が疑われたこともあったと言及した上で「全部嘘なんですよ」とこちらも否定。

引用:Daily News Online

さらに洗脳騒動は仲の悪い家族からのでっち上げだったことも告白されています。

「家族とすごく仲の悪い家庭に育ったんですよ。親と揉めてたもんだから、(親への)送金を止めたらこういう話になった」と、以前から仲の悪い家族が中島を“売る”形で起こった騒動であることを告白。
さらには、「ニートの妹を養ってたんですよ。(中略)休んでる時に実家に帰って。それで、母親が『知子ちゃん、今回の騒動って、自分とこの妹が言い出したでっち上げなんだけど今更どうしたらいいんや』って言い出したんです」と、妹が騒動の主犯であると家族から告げられていたにも関わらず、事務所や家族がそのことを発表しようとすると止めたのがこの騒動がここまで大きくなった原因の一つであると暴露したのだ。

引用:Daily News Online

中島知子さんは自身のブログでも再三にわたって洗脳騒動の報道や記事は事実無根であると言っていて、名誉毀損で訴えて裁判に勝っているともおっしゃられているのでおそらく事実でしょう。

そう考えると報道や噂は本当にあてにならないし、怖いなーと思いますね。

メディアの情報を全て鵜呑みにするのではなく、しっかりと情報を取捨選択していくことが大事だと再認識しました。

中島知子の2017現在の生活は?画像は?

続いて中島知子さんの2017現在の生活についてですが、これは番組でも語ってくれるかと思いますが一応ここでも書いておきます。

中島知子さんは、2017年現在も芸能関係のお仕事を続けています

オセロの時のように頻繁にテレビで見る機会はなくなりましたが、トークショーのイベントに出席したり、今回の『じっくり聞いタロウ』のようにたまにバラエティ番組にも出演されています。

『中居正広のブラックバラエティ』にも最近出演されましたね!

そして、気になる中島知子さんの2017現在の画像がこちら。

中島知子

一時期に比べると少し痩せた感じがします。

中島知子さんの頑張り次第では、今後またテレビでの露出も増えてくるかもしれませんね!

松嶋尚美とは不仲?

松嶋尚美

中島知子さんと“オセロ”の相方・松嶋尚美さんには以前から不仲説が噂されています。

再結成はしないのでしょうか?

この不仲説については、2012年3月に松嶋尚美さんが自身のブログで以下のように一部認める発言をしています。

正直、いつのころからか、喋らなくなりました。
女同士によくある厄介な関係…ぐらいに思ってました。

その後心配になってきて、2度ごはんに誘ったけど、実現しなかった。

だんだん私も腹が立ってきて、距離をおきだしました。

原因なんかないです。心当たりないです。

休業するって聞いたときも、まだ深刻さを知らなかった。

引用:松嶋尚美オフィシャルブログ

これは完全に不仲ですね・・・(笑)

2013年にオセロを解散する際も「2年ぶりに会った」と言っているほどなので、全く連絡をとっていなかったことがわかります。

では最近はどうなのかというと、2017年現在も松嶋尚美さんは「全く連絡はとっていない」と公言されていました。

また松嶋尚美さんは2016年に『ダウンタウンDX』に出演した際にも、中島知子さんとのことについて以下のように語っておられます。

「匿名 ぶっちゃけ質問」のコーナーでは、松嶋に対し「オセロは復活しないの?」という質問がぶつけられた。
 松嶋は「可能性はありますよ、占い師がOKと言えば」とコンビ復活の可能性はゼロではないと明かした。

松嶋は「私、正直な話知らないんですよ。今どうなってるか、本当の本当に」と語り、中島の連絡先も知らないという。「オセロ解散するちょっと前の時に、連絡しようと思ったら、もう(携帯番号)変わってました」と明かした。

 ダウンタウンの浜田雅功からは「もう復活ないやん」と指摘され、松本人志からも「白黒ついてるやん」とツッコまれてしまった。

引用:リアルライブ

中島知子さんが再三にわたって“洗脳騒動”を否定しているにもかかわらず、松嶋さんは「占い師がOKと言えば」という発言をしていることや連絡先すら知らないと言っていることからも、完全に不仲だとしか言いようがありませんね。

もはや視聴者と同じレベルですし、メディアからの情報しか受け取っていないのでしょう。

元々はコンビで仲の良いやり取りや漫才を見せてくれていたのに、こういった関係性になるのは寂しいですね。

なので、再結成の可能性はほぼないかと思われます。

 

いかがでしたか?

これから中島知子さんが以前のように芸能界の表舞台に復帰することもあるのでしょうか?

今後の中島知子さんにも引き続き注目です!



Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます。

コメントを残す