現在人気急上昇中のアーティスト、ReN(レン)さんをご存知でしょうか?

実はこの方、歌手の長渕剛さんの息子なんです!

長渕剛さんの息子さんが歌手としてデビューしてたなんて、かなり驚きですよね!

 

そんなReNさんの経歴や楽曲がこれまたかっこいいんです!笑

というわけで今回は話題のアーティストReNさんに注目していきたいと思います!



Sponsored Link

 

ReN(歌手)のプロフィール!本名は長渕蓮で長渕剛の息子!家族は?【画像】

まずはReNさんのプロフィールをご紹介します!

 

名前:ReN(レン)

本名:長渕蓮(ながぶち れん)

出身:東京都世田谷区

生年月日:1994年2月28日(現在23歳)

身長:170cm

体重:60kg

ReN

先ほども言いましたがReNさんの本名は長渕蓮で、父親は歌手の長渕剛さんです。

長渕剛

なので母親は元女優の志穂美 悦子(しほみ えつこ)さんですね〜。

志穂美悦子

またReNさんは3人兄弟で、お姉さんとお兄さんが1人ずついらっしゃいます。

3人兄弟の一番上がお姉さんで、名前は長渕文音(ながぶち あやね)さんと言います。

長渕文音

綺麗な方ですね〜!

文音さんは現在女優として活動されています。

そして、お兄さんの名前は長渕 航(ながぶち わたる)さんといって、現在インディーズのヒップホップアーティスト・ラッパーとしてライブ活動を中心に活動されています。

長渕航

長渕剛さん同様やんちゃな雰囲気が漂っています(笑)

ReNさんはまさに芸能一家で育ったんですね!

ReN(歌手)の経歴や学歴は?元レーサー!【画像】

ReN

芸能一家の3兄弟の末っ子として育ってきたReNさん、経歴や学歴はどのようなものなのか気になりますよね!

残念ながら、学歴に関しては全然情報がないのですが経歴がすごいんです。

なんと元レーシングカードライバーなんです!

レーサーですよレーサー!めちゃめちゃかっこよくないですか?(笑)

 

長渕蓮さんは2歳の頃から車のエンブレムを覚えたり、小学校の自由研究でも車のことしか題材にしたことがないというほど幼少期からクルマ好きだったそうです。

 

2006年の12歳の頃からレーシングカートを始め、その年にレーサーデビューしました。

16歳になった2010年からはイギリスにレース留学し、全英カート選手権にフル参戦しベストルーキーアワードを2回取得したり、日本の瑞浪選手権に参戦しシリーズチャンピオンになるなど着々と実績を残していました。

長渕蓮

順調に思えたレーサー人生でしたが、2014年の練習中に雨の中クラッシュしてしまい、腰椎損傷というレーサーにとって致命的で重大な怪我を負ってしまいました。

これにより長渕蓮さんは残念ながらレース引退を表明、10年近くのレーサー人生に幕を下ろしました。

自分の人生をかけてやりたいことができなくなる悲しみは想像を絶しますね。

 

その後半年間は悔し涙に明け暮れる日々を送っていたそうなのですが、それを救ってくれたのが音楽

実は長渕蓮さんは7歳の頃からギターを習っていて、子供の頃からいつも傍にはギターがあったそう。

歌やメロディによって落ちていた心がだんだんと前向きになっていったそうです。

そして自分で本格的に歌を作り始め、音楽の道に進むことを決心し現在に至ります。

 

一度夢を叶えている人は別の道に進んでもやっぱり強いですね!

しかも父親があの長渕剛さんという偉大なアーティストなので才能はないわけはありませんしね!これからどんどん有名になっていってほしいです!



Sponsored Link

ReN(歌手)の楽曲がカッコいい!【動画】

さて音楽の道に方向転換したReNさん。

すでに才能を発揮しており、ONEOKROCKのTakaからも絶賛されライブにゲスト出演するほどになっていてすごいんです!

 

楽曲がまためちゃめちゃかっこいいので、聞いたことのない方は是非聞いてみてください!

ReNさんはループステーションという機材を使い、リズムやフレーズを途切れることなく繰り返し録音/再生(ループ)させながら、即興の音楽をつくる独創的な演奏スタイルを得意としています。

こんな感じですね!

これがかっこいいんですよね〜!

アコギ一本でこんな風にやってる方は日本ではあまりいませんが、海外で最も有名なのがエドシーランですね!

ReNさんは和製エドシーランなんて風に言われていて、実際にエドシーランの音楽にかなりの影響を受けているようです。

非常に演奏スタイルや曲の雰囲気が似ているのがわかるかと思います。

おしゃれでかっこいいわ〜・・・。

是非ReNさんもワンオクのように世界的なアーティストになっていってほしいですね!

今後のReNさんに注目ですよ!



Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます。

コメントを残す