ローラ

人気タレントのローラさんが所属事務所LIBERAから独立へ向けて行動していることは明らかになっていますが、さらに新事務所を立ち上げたことがわかりました。

 

今回はローラさんと所属事務所LIBERAとのトラブルの内容・経緯、また新事務所の情報について書いていきたいと思います。



Sponsored Link

 

ローラと所属事務所LIBERAのトラブルの内容・経緯

ローラさんは所属事務所の『LIBERA』との間でトラブルが起こっていると以前から報道されており、独立を要求する事態にまでなっています。

今回はこの一連の騒動の内容・経緯を書いていきたいと思います。

ローラがTwitterで意味深なツイート

まず、ローラさんが所属事務所との関係が悪化しているのではないかと疑われるきっかけになったのが以下のツイート。

明るいイメージのローラさんがこういったツイートをするなんてよっぽどのことが起きたんだと想像がつきますね。

10年も長い間信頼していた相手となれば、家族や友達か所属事務所の関係者くらいしかないでしょう。

ただ、家族や兄弟を大事にしよう言葉や仕事に関するツイートからみて所属事務所との間で何か起こったということがわかります。

ローラの意味深ツイートの理由は所属事務所LIBERAとの不当契約

各紙の報道によるとローラさんは2010年に所属事務所LIBERAとの契約書にサインさせられており、事務所のギャラ配分や契約自動更新の内容が「奴隷的だ」と主張されています。

 

具体的にどういった内容なのか。

調べてみると、芸能界では異例の10年間に及ぶ長期契約、また契約期間満了し更新しない旨を伝えても事務所の了承がない場合はさらに10年の契約更新ができるといった内容だと言われていました。

実質の契約期間を20年に一方的に引き延ばすことが出来るといった内容です。

 

これが事実とすれば、確かにローラさんにとってかなり不利な契約でしかありませんし「奴隷的」と主張する理由もわかりますね。

 

そしてこれに対してローラさんは8月20日に不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付したとされています。

 

またローラさんが所属事務所との契約を終了したいと考えたのは契約書の内容だけでなく、他にも問題があるからのようです。

所属事務所LIBERA社長への度重なる不信感

ローラさんは所属事務所LIBERAの社長へかなりの不信感を持っているとされています。

 

所属事務所の社長はローラさんの交友関係も管理し、携帯の電話帳の連絡先を勝手に削除するほどで、抵抗しようとすると給料を10分の1以下にされたり「暴露本を出す」「日本でもアメリカでも活動できなくする」といった脅しをされたと言われています。

事実なら大問題です。

 

またローラさんは「貧しい国の子供達の力になりたい」と語っており、ボランティア精神溢れる方として知られています。

事実、熊本で地震が起きた際にも現地に行って炊き出しなどをされています。

 

そんなローラさんが「ボランティアや復興のために使って欲しい」と自ら事務所へ拠出した2000万円の使途も不明になっているそうです。

何に使ったのかわからないという状態にローラさんの不信感はマックスに。

こういった度重なることも不信感を募らせることとなり、所属事務所との仲は絶望的なものとなったそうです。



Sponsored Link

芸能事務所LIBERAの評判は?

ローラさんが所属していた芸能事務所『LIBERA』。

『LIBERA』はモデルやハーフタレントが多く、有名なところでいうとダレノガレ明美さんや藤井サチさんなどが在籍しています。

社長は羽布津康史(はふつ やすし)さんで2005年に同事務所を立ち上げ、17歳のローラさんを渋谷で発掘し、ローラさんの活躍とともに事務所の規模も大きくなりました。

今回の一件で一番の稼ぎ頭であるローラさんを失ってしまうのは相当に大きい痛手かと思います。

 

そんな『LIBERA』ですが何とあの有名な「バーニング」系列の事務所なんだそうです。

バーニングプロダクションとは芸能界で1番権力のある最大手の芸能事務所

規模影響力はジャニーズ(2位)や吉本興業(3位)以上です。

 

バーニングの創業者で社長の周防郁男さんは芸能界のドンとも言われており、周防さんに嫌われると芸能界では生きていけないとも言われているほど。

もともとバーニングの有能なマネージャーだった方たちはそれぞれ独立させ、有力な事務所を立ち上げています。

なので、現在力のある事務所の多くはバーニング系列となっており『LIBERA』もその一つになります。

 

気になる評判ですが、今回のローラさんとの騒動もありますが以前にダレノガレ明美さんとも裁判寸前になったことがあり、世間からはあまりいい印象とは言えなさそうです。

ダレノガレ明美さんは契約当初から月収50万円という固定給で、有名になった後も変わらず、8年間は契約変更できないと言われたそう。

これにダレノガレさんは弁護士を立てて申し入れを行い、現在は歩合制になったことで事なきを得ています。

一度ではなく二度もこういうことが起きるとちょっと闇を感じてしまいますね…。

ローラが新事務所『MOKA BEAR』立ち上げで独立へ

ローラさんが新事務所を立ち上げていることがわかりました。

新事務所の名前は『MOKA BEAR』

これはローラさんの愛犬であるミニチュアダックスフントの名前からきているそうです。

 

設立したのは2017年の7月で、代表取締役はローラさんの双子の兄リョウさん。

現在ローラさんがイメージキャラクターを務める企業は26社にも及び、『MOKA BEAR』はCM契約について全社にすでにローラさんが独立したことを宣言する電話や文書を送っているそうです。

本格的に独立したようですね。

今回かなり大きな騒動になって精神科にも通っているという噂もあるローラさんですが、早く落ち着いてまた元気いっぱいで可愛いローラさんを見せていただきたいですね!



Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます。

佐藤エリの水着画像やカップは?ローラとの意外な関係とやらせとは?

コメントを残す