まとばゆう

お笑い芸人のまとばゆうさんが『女芸人No.1決定戦2017 The W』に出場します!

まとばゆうさんはピアノを使った歌ネタが特徴。

まだあまり知られていないかもしれませんが、ピアノの腕前や経歴がすごいんです!

 

また、元サッカー女子日本代表、なでしこジャパンのエース澤穂希さんに扮して、森山良子さんの名曲『さとうきび畑』のメロディに乗せた歌ネタがあるんですが、それが面白いと言われています。

ということで今回はそんなまとばゆうさんの経歴や歌ネタについてご紹介していきます!



Sponsored Link

 

まとばゆうの経歴は?ピアノの腕前がすごすぎる!

まとばゆうさんのネタは後ほどご紹介しますが、それを見たらわかるようにめちゃめちゃピアノが上手です。

それもそのはず、まとばゆうさんはお笑い芸人としてだけでなくピアニストや作曲家としても活動されていて、すごい実績の持ち主。

 

ここからは、そんなまとばゆうさんの経歴を簡単にご紹介しますね!

 

5歳からピアノを始め、7歳からは作曲を開始。

16歳からは音楽大学を目指すために和声の勉強も本格的にスタートさせ、日本大学芸術学部音楽学科の作曲コースに入学されました。

その後2007年にTIAA作曲家コンクールで入選し、2016年にも同コンクールで入選と審査員賞を受賞。

また、2017年には東京ピアノコンクールで審査員特別賞を受賞するなど多くの実績を残しています。

 

芸人になったきっかけですが、音楽に携わる仕事がしたかったまとばゆうさんは、大学卒業後、多くのレコード会社や音楽事務所へデモテープを送り続けていたそう。

それがアミーパークの目に止まり、そこで芸人枠として採用されピアノ芸人としてデビューすることになったんだとか。

まさかの芸人枠ですが、ピアノ芸人なので音楽に携わった仕事とも言えますよね!

 

芸人としても2015年に歌ネタ王決定戦で準決勝進出し、2016年は決勝、2017年はまた準決勝まで進出されています。

また、2016、2017年のR-1グランプリでも準決勝進出とこちらもすごい実績を残しています。

 

そして2017年8月にアミーパークから離れ、今現在はフリーに。

個人事務所『桃木こもも音楽事務所』を設立し、演奏者への楽曲提供や、映画&演劇などの音楽を手掛けたり、演奏者の派遣やコンサートの企画・プロデュースをされたりしています。

めちゃめちゃすごいですよね!

ショッピングモールやホテル等いろんなところで演奏会を開催されているようですし、まとばゆうさんがピアノで本領発揮しているところが見たい方は、一度チェックしてみるといいかもしれません。



Sponsored Link

まとばゆうの澤穂希に扮した歌ネタ『さわわ』が面白い!【動画】

ピアニストや作曲家だけでなく、お笑いタレントとしても活躍するという異色の芸人、まとばゆうさん。

ピアノ演奏曲は1000曲を越えるレパートリーを持っているそうです。

 

歌ネタもいろんなものがありますが、なでしこジャパンの澤穂希選手に扮した「さわわ」というネタの評判が良いですね。

これは森山良子さんの名曲『さとうきび畑』の有名なフレーズ「ざわわ」をもじったもので、そのメロディに合わせて有名女子アスリートに毒付くというネタ笑

そのネタ動画がこちら

面白いですね〜笑

こういう毒付くネタが好きな人はめちゃめちゃウケるでしょうね!

 

今回の女芸人No. 1決定戦ではこれとは違うまた新ネタを持ってきてくれるでしょうね。

一体どんなネタを持ってくるのか、非常に楽しみです!



Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます。

コメントを残す