香川照之

映画やドラマにCMと大活躍中の俳優・香川照之さん。

仕事だけでなくプライベートでも新恋人の存在が発覚したりと、飛ぶ鳥を落とす勢いですね。

 

現在は離婚されてフリーな状況の香川照之さんですが、つい最近までは元CAの奥様と結婚されていました。

今回は香川照之さんの元奥様がどんな人なのか、また離婚理由は何なのか。その後、子供の親権はどうなったのかなどについてご紹介していきます。

 

香川照之の元CA嫁・知子夫人【画像】

香川照之 元嫁 知子

俳優・香川照之さんが2016年12月に離婚した奥さんの名前は知子さんといいます。画像を見るとわかりますけど、とても綺麗な方ですよね!

元嫁の知子夫人の旧姓まではわかりませんが、香川照之と知子さんが結婚した1995年までは、知子さんはJAL(日本航空)で国際線を担当するCA(キャビンアテンダント)でした。

知子さんは香川照之さんと結婚したことによってCAの仕事を辞め、香川知子夫人として専業主婦になって俳優の妻として献身的に家庭に入りました。

香川照之さんと元CA嫁の知子夫人には2004年1月生まれの息子・政明さん(五代目市川團子)と娘さん(生年月日や名前は非公表)がいます。

香川照之と元CA嫁・知子夫人の離婚理由は?梨園のいじめ?

香川照之

香川照之・知子さんご夫婦はとても仲が良いと言われたお似合いの夫婦だったのですが、1995年から2016年の21年間連れ添った後に離婚してしまいました。

一体何があったのでしょうか。離婚理由は何だったんでしょう。

 

香川照之さんの父は歌舞伎の三代目市川猿之助さんで、母は女優の浜木綿子さんですが、1965年に生まれてわずか3年後の1968年に離婚し、照之さんは浜木綿子さんに引き取られて女手ひとつで育てられました。

そして香川照之さんは1989年から映画やドラマや舞台などで俳優活動をしていましたが、長男・政明さんが7歳になった2011年に、なんと九代目・市川中車を襲名して歌舞伎俳優に進出したのです。

 

何故急に歌舞伎俳優に進出したのかというと、それまで香川照之さんは、幼くして自分を手放した父である市川猿之助さんから「お前は息子ではない」とまで言われ、お互いに不仲だったとされていました。

しかしながら、政明さんの誕生と父・猿之助さんと和解したことで、代々140年続く”猿之助”という歌舞伎の名前をどうしても引継ぎたかったことが理由のようです。

香川照之

と、ここまでは香川照之さん側から見ましたが、妻の知子夫人からしたらどうでしょう?

これまでいわゆる普通の俳優の妻として家庭で過ごしてきた身に、夫が歌舞伎界に入るということは、突如「梨園の妻」という大変な立場にならなければならないという事が降りかかってしまったのです。

 

元CAである嫁・知子夫人の離婚理由は、梨園からのいじめだったのかは定かではありませんが、梨園の先輩妻達から無視されたという噂や、
息子の政明さん(市川團子)が歌舞伎界の家元である田中傳左衛門からブログで遠回しに、「血統があっても、ちゃんと鍛えられなければ只の駄馬」と書かれた事を知って、知子夫人はかなりショックを受けたとも言われています。

 

恋人同士の様な新婚時代の若い夫婦ならまだしも、結婚から15年以上も経って夫である照之から突然違う生きる道を示されてしまい、様々な理由が度重なって数年間で我慢の限界に達してしまったというところでしょうか。

香川照之と元CA嫁・知子夫人の子供の親権は?

香川照之 子供

香川照之さんと元CA嫁・知子夫人には、息子さんと娘さんがいると先程お伝えしましたが、2016年の離婚当時は長男・政明さんは12歳くらいで、娘さんはそれよりも年下ということですね。

離婚すると、子供達の親権を決めなければなりませんが、離婚に関して照之と知子夫人は代理人を通じて2年間も話し合ってきたと言われています。

 

現在は、長男・政明さんに関しての親権は香川照之さんが、娘さんに関しての親権は知子さんにあると言われていますが、娘さんに関しては公表されていません。

 

仕方がないのかもしれませんが、離婚が原因で兄妹が離れ離れになるというのは可哀想な気がしますね。

とても壮絶な人生を送っている香川照之さん、また再婚されるのか気になるところですが、どちらにせよ今後とも幸せに過ごしていただきたいですね。

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます。