ダニエル太郎

ダニエル太郎さん、テニス界に突如現れた貴公子と感じた方も多いのではないでしょうか。

あのルックスからも熱狂的な女性ファンが多く、更に謎は深まるばかりです。

そこで今回は、今話題のプロテニスプレイヤーである「ダニエル太郎」選手の気になる彼女の噂について触れてみましょう。



Sponsored Link

 

ダニエル太郎の彼女は立野リカ?すみれ似でモデルで活躍中の美人?【画像】

ダニエル太郎選手は、1997年1月27日、名古屋生まれ、出身はニューヨーク、現在24歳で住まいは東京です。

父親も元テニスプレイヤーで14歳の時に名古屋からスペインに移住後、バレンシアにある有名なテニスアカデミーでテニスを習得し、2010年にプロへ転向しました。

現在の所属は「エイブル」、身長は何と190cmの長身で右利きのプレイヤーです。

 

チームメイトからは「太郎ちゃん」の愛称で親しまれ2014年頃からテニスの才能が開花し、今年のインディアン・ウェルズ・マスターズの2回戦に。

錦織圭選手が苦手とする世界ランクトップの「ノバク・ジョコビッチ」選手を撃破してファイナルに進出し、見事優勝しました。

2年前のリオオリンピックでは日本代表選手として出場した実績もある現在日本テニス界注目の選手です。

 

そんなダニエル太郎選手ですが、実は彼女と噂されている人物がいます。

それが立野リカさん。

立野リカ

彼女として噂の立野リカさんも実はプロを目指したテニスプレイヤーなのですが、怪我に悩まされ、途中からプロ転向を断念しました。

お父さんは元日本のプロテニスプレイヤーで、リカさんがアメリカ、ロサンジェルスで育ったジュニア時代には全米ダブルスで優勝した事もある実力の持ち主です。

引退した日本の名テニスプレイヤーでも名高い「伊達公子」さんの影響を受け、テニスを本格的に始めたとも言われています。

身長は178cm、現在は専属モデルとして活躍中の今話題の女性です。

確かに健康的な感じで、石田純一さんの娘さんである「すみれ」さんの雰囲気に似ていると思います。

 

このような、立野リカさんとダニエル太郎さんですが、立野リカさんのブログに掲載されていたお写真を見た読者の方々から噂が流れ始めたようです。

ダニエル太郎さんは既にインスタグラムでお付き合い中の彼女の存在を公開しています。

また、実際に試合で海外を転々としているばかりで日本に滞在する日程や時間も無い程の忙しいスケジュールに追い回されている事情もあることから、お二人の関係はあくまでもただの噂だけのようです。

テニスの繋がりから、親交もあって、お互いに世間を騒がす程のルックスの持ち主同士ですから、お付き合いしていても当然では?と疑ってしまうのも無理はありませんよね。

ダニエル太郎の彼女・立野リカはサッカー日本代表・武藤嘉紀のいとこ?

立野リカさんとワールド杯サッカー日本代表に選出された武藤嘉紀選手との関係も取り沙汰されているようで気になります。

また何と武藤真紀選手の彼女が立野リカさんで婚約しているとの噂があり、また、立野リカさんとは親戚(従妹)の関係だという噂もあります。

ここがインターネットの恐ろしさなのかも知れませんが、実際のところ、お二人はいとこ同士という関係です。

体育会系のDNAを持った家系なのです。

 

武藤嘉紀選手には既に婚約者がいて、キャビン・アテンダントをされているお方のようです。

また、結婚しているとの噂も広まりましたが、実際のところ、2015年の7月にはご結婚されていたようです。

大学時代からの4年越しの交際相手との事です。

武藤選手ご本人からも公にオープンはしていませんが、次のゴールは大舞台ロシアでのサッカーゴールですね。期待しましょう。



Sponsored Link

ダニエル太郎と立野リカの馴れ初めは?錦織圭との3ショットも話題に

お二人の決定的だった馴れ初めは、何といっても2015年11月28日に有明コロシアムで開催された「日清食品ドリームテニスARIAKE」の会場です。

試合を観戦した立野リカさんはダニエル太郎選手、錦織圭選手とお会いした際の3ショット画像をブログに掲載。

このことがインターネット上で大きな話題を呼びました。

このブログ画像を見た読者の方々から一斉に注目を浴び、あっちこっちと拡散して行ったようです。錦織圭選手との噂もあったようです。

 

世界の錦織圭選手、今までに数々の女性と噂になったものの現在の筆頭は元モデルで元女優だった「観月あこ」さんだと色々と言われていますが、その真実は未だ明らかにされていないご様子です。

恥ずかしいのかな?

噂の噂、怖いですねインターネット。

その真実をご本人から明言しないのも原因の一つかも知れませんね。



Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます。

コメントを残す